2014年12月14日

食品業界の異物混入/ぺヤング販売中止

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





人気カップ麺「ぺヤングソースやきそば」に虫が混入した問題でを受け
て製造元の「まるか食品」は当面の間、全商品の生産販売の中止を発表
し、波紋が広がっています。
事態収拾のためとはいえ、食品メーカーでは異例の対応です。
売上高100億円を超える「ぺヤングブランド」の一時的とはいえ、全商
品の生産販売の凍結は経営の根幹を揺るがすことです。
企業イメージを守るためとはいえ「過剰反応」と言われる一方「構造的
な問題があったのでは」
との見解もあり、1匹の虫の混入事件の波紋は
まだまだ続きそうです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




同社は当初「製造過程での混入は考えられない」とコメントしており、
自主回収の対象も、同じラインで作られた2種類のみでした。
ところが「工程に問題が無かったか、速やかに調査する姿勢が十分では
なかった」
と、初動対応の遅れを指摘され、生産工場の改修にも着手す
ることにしています。

再開までには数か月を要する見通しであり「ぺヤングブランド」は現在
売上高は127億円を占めており、休止期間が長引けば経営を圧迫するこ
とは明白です。
大きな痛みを伴う今回の全商品の生産販売の中止は「食の安全」を企業
イメージとすることを死守する苦渋の決断だと思われます。


全国的に有名ホテル・レストラン・専門店で相次いだ「メニュー表示の
偽装問題」
で、食に対する企業イメージを根底から揺さぶり、その後に
大きなダメージを受けることを教訓としているのでしょうか・・・・
















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事画像
モスバーガーの業績不振の要因は?
三菱UFJが仮想通貨の取引所開設
週3日休館の老舗旅館が急成長のヒミツ
登美丘高校のバブリーダンスの影響力
出世を望まない20~30代の本質
三越伊勢丹「前倒しセール」の背景/前編
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事
 モスバーガーの業績不振の要因は? (2018-01-17 14:05)
 三菱UFJが仮想通貨の取引所開設 (2018-01-15 10:23)
 週3日休館の老舗旅館が急成長のヒミツ (2018-01-13 11:38)
 登美丘高校のバブリーダンスの影響力 (2018-01-11 11:29)
 出世を望まない20~30代の本質 (2017-12-29 11:02)
 三越伊勢丹「前倒しセール」の背景/前編 (2017-12-22 15:25)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。