2014年07月14日

セブン&アイが過去最高益と絶好調

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





コンビニ大手の『セブンイレブン』、総合スーパー『イトーヨーカ堂』
、百貨店の『そごう』『西武』を運営するセブン&アイ・ホールディン
グスが3月から5月期の連結業績を発表しました。
国内最終利益は前年同期比5.6%増の395億円と過去最高益を更新し
て、国内コンビニ、総合スーパー、百貨店は全て増収増益でした。
セブン&アイが過去最高益と絶好調
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。



グループの全体の業績を見てみますと、
売上高は7.9%増の1兆4721億円
営業利益は5.1%増の774億円
最終利益は5.6%増の395億円
と全において過去最高記録を更新しています。
セブン&アイが過去最高益と絶好調

*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。




3月から5月といいますと、ご存知の通り4月からの消費税引き上げを
挟む時期として注目されていましたが、セブン&アイは戦略的に利益率
が高いPB(プライベートブランド)商品の拡大や増税前の3月の駆け
込み需要を強化することで、小売り主要3業態とも見事に増収増益を果
たしました。
しかも驚くことに、現状では完全に飽和状態と言われているコンビニの
『セブンイレブン』が売上・営業利益・最終利益ともに過去最高、他の
業態をリードする結果を出していることにビックリです。
セブン&アイが過去最高益と絶好調
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。



セブン&アイグループが小売業のトップ企業になり、成長・発展してい
る戦略は次回記事にしますが、今後の戦略が大変に注目です。










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
今度はLINE(ライン)が仮想通貨取引所を開設
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)
 今度はLINE(ライン)が仮想通貨取引所を開設 (2019-06-26 10:56)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。