2014年03月05日

生き残りを賭けた新たな戦略/ローソン

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




大手コンビニエンスストアのローソンが新たな戦略として小型スーパー
マーケット市場に参入しています。
ローソンが手掛ける小型のスーパーは、敷地面積が通常のコンビニの
1.5倍ほどで、取り扱い商品は5000~6000点と従来のコンビニの2倍
を目指しています。
すでに2月にはモデル店舗がオープンしています。
生き残りを賭けた新たな戦略/ローソン
生き残りを賭けた新たな戦略/ローソン
生き残りを賭けた新たな戦略/ローソン
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。



生鮮食品や日用品の品揃えを充実させることで、コンビニエンスストア
では対応できなかった需要を獲得する方針のようです。
大型スーパーが少ない東京・大阪などの都市部の住宅街で、2015年2月
までに100店舗の出店を目指します。
高齢化や単身世帯が増加する環境の中で、スーパー大手のイオンも同様
に都市部を中心とした小型スーパーの出店を加速されており、今後新た
な競争も生まれてくる予感がします。

今回のローソン小型スーパー事業への進出は、飽和状態のコンビニ業界
の新たな生き残りを賭けた重要戦略であります。
今までは生鮮食料品は鮮度維持や管理に手間が掛かるので、敬遠されが
ちででしたが、スーパーマーケットに独占されていた生鮮食料品は客寄
せに貢献する。ことが大きな要因として、今回参入に至りました。

さて、コンビニ業界・スーパーマーケット業界を・ドラックストアまで
巻き込む可能性がある今回のローソンの新戦略。
どのような経過になるのかマーケティング上では興味をそそります。
今後、おおいに注目を浴びる戦略です。








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。