2014年02月28日

牛丼業界の異変/値下げの限界

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




今まで牛丼業界の戦いを何度も記事にしましたが、ここにきて牛丼業界
に異変が起きているようです。
吉野家が『牛すき鍋膳』、なか卯が『牛すき丼』、すき家が『牛すき鍋
定食』
に力を入れ始めて「牛丼依存から脱皮」を図っています。
業界全体に「脱牛丼」の事情は、たび重なる「値下げ戦争」が限界を超
えたことが大きな要因のようです。
牛丼業界の異変/値下げの限界
牛丼業界の異変/値下げの限界
牛丼業界の異変/値下げの限界
*関連写真をインターネットより抜粋させていただきました。



牛丼業界の「値下げ戦争」が本格的に始まったのが2000年。
以降、何度も値下げを繰り返し2009年には「280円牛丼」が登場して、
ついに300円を切る戦いに突入していました。
こうした「値下げ戦争」は当初、消費者の関心を高め、一時的には各社
とも客数を大幅に伸ばしました。

しかし、外食産業の宿命でもある「一度下げた価格は、なかなか元には
戻らない」
ことが顕著にあらわれ、価格を戻すと客数が激減する現象が
起きていました。    当然ですが・・・・・
結果的に自分達の首を絞めることに繋がって行きました。
関係者によりますと「ほとんどの牛丼店が赤字を他業種で穴埋めしてい
るのが現状」
との話が出ています。
直近の決算では、出店を抑制した松屋だけがコスト削減にて黒字てすが
他社は全て赤字に転落しています。


歴史を学んでも過去に「値下げ合戦」で勝ち残った企業はありません。
当然に価格勝負では、続かないことは判っていたと思いますが何故?、
ここまで引き伸ばして行ってしまったのか。
ひとつの要因としては、均衡した力関係の各社が『業界のシェア争い』
に、こだわりを持っていたと推測されます。

これから牛丼大手各社が、どのような立て直し策の戦略を打ってくるの
「マーケティング戦略」の上では大変に興味があります。
牛丼業界各社の健全経営を拝見します。




牛丼戦争の関連記事
◆牛丼戦争、いよいよ最終局面/第二章◆
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e249250.html

◆牛丼戦争、いよいよ最終局面/第一章◆
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e249247.html

◆吉野家の『一人鍋店専門店』がオープン◆
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e244385.html

◆牛丼御三家の『東京チカラめし』への包囲網◆
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e230819.html

◆牛丼業界の『第三極』が急落/東京チカラめし◆
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e230818.html

◆牛丼各社が値下げ攻勢/アベノミクスに逆行◆
  ⇒ http://tozuka.boo-log.com/e224658.html







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事画像
令和元年、甲子園一番乗りは北北海度/旭川大高
上場企業の早期希望退職が急増。
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
令和元年、四天王以外の注目投手/和歌山東高校 落合秀市投手
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事
 令和元年、甲子園一番乗りは北北海度/旭川大高 (2019-07-21 13:05)
 上場企業の早期希望退職が急増。 (2019-07-19 12:37)
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 令和元年、四天王以外の注目投手/菰野高校 岡林勇希投手 (2019-07-10 12:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。