2013年06月15日

牛丼業界の「第三極」が急落/東京チカラめし

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



国民的なお手軽食事の代表といえば、何といっても『牛丼』。
その牛丼業界の御三家といえは「すき家」「吉野家」「松屋」の3強と
いうのが現状でが、ここ数年彗星のごとく出現したのが牛丼業界におけ
る『第三極』と言われてきた『東京チカラめし』でした。
牛丼業界の「第三極」が急落/東京チカラめし
牛丼業界の「第三極」が急落/東京チカラめし
*主要店舗の写真をインターネットより抜粋させていただきました。



知らない方も多いとは思いますが、2011年に池袋店を開業して以来、
首都圏を中心に2012年には100店舗を突破して、業界では注目企業と
して急成長していました。

牛丼と言えば、煮た牛肉を丼に乗せて提供するのが業界の常識でしたが
牛肉をオープンで焼いた『焼き牛丼』で差別化を図ってきました。
タレで味付けをした焼き肉を丼めしに盛りつけ、ボリューム感を前面に
押し出し、ガッツリ食べたい学生やサラリーマンに人気の店です。
牛丼業界の「第三極」が急落/東京チカラめし
牛丼業界の「第三極」が急落/東京チカラめし
*関連商品の写真をインターネットより抜粋させていただきました。



2012年8月からはFC加盟店の募集を開始し「2014年には直営・FC
加盟店を合わせて500店舗を目指す」
という攻勢を掛けていました。
しかしながら、翌9月には新規出店3店舗、10月には4店舗と急激に減速
してしまい6月現在店舗数は132店舗にとどまっています。

同社は今回の決算期間中に53店舗の『東京チカラめし』を出店する一方
早くも既存店の16店舗が不採算店として閉鎖し、純増は37店舗にとど
まっており、チェーン拡大が急激に鈍っています。
同社はこの結果を「主力の居酒屋事業の売上低迷、東京チカラめし事業
の新規出店計画未達、食材の価格の高止まりなどが原因」
と、分析して
いますが業界関係者は異なった見方をしています。

それはデビュー当初は出店ラッシュの様子を見ていた牛丼業界御三家が
昨秋あたりから『東京チカラめし包囲網』を敷いてきたといいます。
この牛丼業界の御三家が『東京チカラめし潰し』を仕掛けてきたのが、
業績低迷の原因だと分析しているようです。

今日は長文になりそうなので続きは明日に投稿します。












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事画像
上場企業の早期希望退職が急増。
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事
 上場企業の早期希望退職が急増。 (2019-07-19 12:37)
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。