2012年04月02日

環境変化にシャープ飲み込まれ従業員給与削減

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




テレビ事業などの不振が続いていた『シャープ』が従業員の給与の削減
を労働組合に提案していたことが判明しました。
削減は基本給の2%で5月から12月までの期間としているようです。
同社は平成24年3月期に過去最大の最終赤字に転落する見込みであり、
人件費の削減などを緊急の労使協議を進めています。

環境変化にシャープ飲み込まれ従業員給与削減
環境変化にシャープ飲み込まれ従業員給与削減
*インターネットよりシャープ関連の写真を抜粋しました。


今春闘では、賃金体系の維持を労働組合に回答した上で、人件費削減に
協議していたようです。定昇を実施した上で、2%削減するという苦肉
の策で協議を進めています。
また、管理職については4月から賃金改定をした上で5%削減し、執行
役員は2月から報酬を10~30%減額しており、24年度の賞与も支給を
しない見通しとなっています。

そして世界の電子機器業界において世界最大手台湾・鴻海(ホンハイ)
精密工業が筆頭株主になってしまいました。
その背景には、液晶パネル工場の稼働率向上などの課題を一挙に解決を
する電撃的な業務提携でありました。
メーカーの生命線である技術の流出が懸念されるなか、提携に踏み切っ
たのは、日本の家電各社が世界市場で苦戦を強いられ研究開発から生産
までの『垂直統合モデル』が通用しなくなっている背景があります。

垂直統合モデルを簡単に説明しますと、「自前主義」。
自社内だけで製品や情報を流通させるため、取引コストの低減や技術・
情報の漏洩の危険性が低いメリットを持つ一方、初期の設備投資が巨額
にのぼること商品需要が低下すると打撃うけるリスクがあります。

世界最大のガラス基板を唯一生産でき、『液晶のシャープ』の象徴とも
いえる堺工場。 これまでは技術の流出を恐れ「最先端技術は国内で」
との方針を貫いてきたが、技術流出のリスクを負いながら鴻海の資本を
受け入れる方針に踏み切りました。

日本トップ企業、世界的な技術を持ちながら、
企業を取り巻く環境変化に対応さぜる得なくなった今回の
ニュースですが、今後のシャープの企業努力に注目したいものです。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事画像
令和元年、甲子園一番乗りは北北海度/旭川大高
上場企業の早期希望退職が急増。
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
令和元年、四天王以外の注目投手/和歌山東高校 落合秀市投手
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事
 令和元年、甲子園一番乗りは北北海度/旭川大高 (2019-07-21 13:05)
 上場企業の早期希望退職が急増。 (2019-07-19 12:37)
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 令和元年、四天王以外の注目投手/菰野高校 岡林勇希投手 (2019-07-10 12:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。