2011年05月30日

間違いだらけの「評価者訓練」/第3弾

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



先日、「間違いだらけの評価者訓練」の記事を書きましたところ、反響
がありましたので続編を書くことにします。
何故、このように「評価者訓練」の記事を数回にわたり記事にするかと
言いますと、人事評価制度能力主義賃金制度職能資格等級制度など
のシステムは「運用」が全てといっても過言ではありません。
いい換えれば「成果」を出すためには「運用」次第ですから、幹部社員
との「意思疎通」と「意思統一」が絶対時要件なのです。
間違いだらけの「評価者訓練」/第3弾
*インターネットよりイラストを抜粋しました。



以前、記事にしました内容を掲載します。
「間違いだらけの評価者訓練」第1弾の記事。
   → http://tozuka.boo-log.com/e132945.html

「間違いだらけの評価者訓練」第2弾の記事。
   →  http://tozuka.boo-log.com/e139879.html


本日は「評価者訓練」のプログラムの全体像を記事にします。
まず第一回のプログラムは、
◆人事評価の原理・原則
*人の問題を扱う「人事」、特に「評価」には原理・原則があります。
 企業経営者はもちろん、幹部社員も人事評価における「原理・原則」
 を正しく学んでいただく必要があります。
 この内容は「ノウハウ研修」ですので、内容に若干の差はあったとし
 ても、ほとんどのコンサルタントが実施します。
 内容的には「評価者の陥りやすエラー」「評価者のエラー対策」など
 を中心に「基本原則」の『客観性』『公平性』『公正性』『納得性』
 をどのようにトレーニングするか。を正しく学びます。
 第一回の「原理・原則」を正しく学んだあとに、実際のトレーニング
 を毎日、実施していただくことになります。


そして次回以降「レクチャー研修」を実施して行きます。
ここの部分、幹部社員への個別「レクチャー研修」が最も重要であり、
企業にとって必要不可欠な部分なのですが、ここを実施しない同業他社
が圧倒的に多いのが実態です。
ひとり一人の幹部社員をチーム編成を行い、個別レクチャーを実施して
何が不足しているか、何をトレーニングするか、部下とともに何を学ぶ
か、等々を実戦形式で訓練します。

私自身が実施します「レクチャー研修」のプログラム内容は、
第二回 評価根拠の作り方。
第三回 期待レベルを伝える。
第四回 正しい評価の在り方。
第五回 目標設定の与え方。
 
明日以降に第二回以降のテーマについて、具体的に記事にします。











にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(評価制度運用-事例)の記事画像
ガム業界大幅な衰退/環境変化 後編
業績向上企業の戦略/大正製薬の人事戦略
労働市場の変化「全従業員の正社員化」
企業を取り巻く経営環境の激変戦略
『人事評価制度』運用の成果
個人の能力向上を目指す『能力開発制度』/第2弾
同じカテゴリー(評価制度運用-事例)の記事
 ガム業界大幅な衰退/環境変化 後編 (2019-02-19 11:59)
 業績向上企業の戦略/大正製薬の人事戦略 (2018-09-13 10:28)
 労働市場の変化「全従業員の正社員化」 (2017-08-27 10:44)
 企業を取り巻く経営環境の激変戦略 (2016-09-05 09:12)
 『人事評価制度』運用の成果 (2013-05-22 10:48)
 個人の能力向上を目指す『能力開発制度』/第2弾 (2011-08-01 09:13)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。