2011年01月06日

座標変換 第一弾/誰も犠牲にしない企業

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
『ブログ村』に参加しています。応援のひと押しが励みになります。





中日新聞の新春連載記事に、とても胸をうつ記事が掲載されていた
のでご紹介します。
タイトルは『座標変換』
座標変換 第一弾/誰も犠牲にしない企業


バブル崩壊から20年。
日本人の誇りであった「世界第二位の経済大国」は、中国にとって
代わられる。 でも、それは国内総生産(GDP)という国全体の
経済規模の世界。 私たち一人一人の豊かさや幸せは、もっと別の
ところにあるはず。
「成長」は大事だけれど、案外「減速」もいいかもしれない。
「効率」より「遠回り」するほうが豊かだったりする。
座標軸を変えて、新たな幸せを見いだした人達の物語をつづる。
座標変換 第一弾/誰も犠牲にしない企業


昨年11月に愛媛県松山市で行われた四国で活躍する中小企業を紹介
するシンポジウム。

脳梗塞で右半身が不自由な父。リハビリが日課だったが、転んでば
かりで、顔面血だらけで冷たい路上に倒れていたり、田んぼで発見
されたり…
息子は「満足に歩けないのだから、家でじっとしとれ」と叱り続け
ていたが父は「いや、自分で歩く」と引かなかった。
ある日、風変わりな靴と出合った。
片足わずか160㌘。つま先を適度に反らせ、足が十分に上がらなく
ても、つまづかない工夫がされていました。
父は亡くなる前日まで歩き続けた。「見栄っ張りの父親」のままで、
寝たきりにならず最後を迎えた。

“転ばない靴”をつくる徳武産業は16年前、老人ホームから「室内靴
を履いたお年寄りが転ぶ」
相談を受けたのが開発のきっかけだった。
施設で現実を目のあたりにした十河孝男社長は、2年かけて約500人
から話を聞き、採算性を考えず片方だけで販売。
業界初となる高齢者専用の靴は、老人施設で徐々に評判を呼んだ。
「ピンクの靴を履いてみたかった。夢がかないました。」
「母の棺に入れました。」

家族から連日感謝の便りが増えるにつれ、業績も右肩上りになった。
*中日新聞1月3日1面記事より抜粋しました。


全国には『誰も犠牲にしない会社』が存在する。
業績より“正しさ”を大事にする経営者の姿である。

本当に新春から感動する記事でした。





にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(感動体験)の記事画像
速報! サニブラウン選手が日本新記録 9秒97を記録
昭和の伝説ロックバンドBOOWYが集結
「令和色」のボールペンがSNSで大反響
速報! 男子100㍍サニブラウン選手が日本人2人目の9秒台
日本郵便より「令和元年」の記念切手が発行
「世界一美しいスタバ」がSNSで話題に
同じカテゴリー(感動体験)の記事
 速報! サニブラウン選手が日本新記録 9秒97を記録 (2019-06-08 12:01)
 昭和の伝説ロックバンドBOOWYが集結 (2019-05-21 12:31)
 「令和色」のボールペンがSNSで大反響 (2019-05-18 09:05)
 速報! 男子100㍍サニブラウン選手が日本人2人目の9秒台 (2019-05-12 11:50)
 日本郵便より「令和元年」の記念切手が発行 (2019-04-22 08:33)
 「世界一美しいスタバ」がSNSで話題に (2019-04-14 10:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。