2010年09月06日

食品業界の『流通・販売革命』

以前に『セブンイレブンの戦略』との記事を書きました
が今秋の戦略は、食品業界全体に大攻勢をかけて来ています。
   ◆6月 5日 セブンイレブンの戦略 第一弾の記事。
   ◆6月13日 セブンイレブンの戦略 第二弾の記事。
   ◆6月18日 セブンイレブンの戦略 第三弾の記事。
   ◆7月10日 セブンイレブンの戦略 第四弾の記事。


食品業界の常識を覆すような『流通・販売革命』を狙っています。
代表的な戦略が生鮮野菜の予約販売のスタートです。
しかも全品105円均一。
食品業界の『流通・販売革命』

セブンイレブンの戦略の素晴らしさは『マーケティング』
原理・原則を徹底しているとろこです。
今回の戦略は『限定』『均一』『利便性』を合わせ
消費者に『鮮度』『安心』をアピールしています。
食品業界の『流通・販売革命』


山梨県・長野県・北海道産の白菜(1/4個)
茨城県・栃木県・群馬県産のなす(2本)
食品業界の『流通・販売革命』食品業界の『流通・販売革命』


群馬県・長野県・岩手県産のキャベツ(1/2個)
北海道・青森県・千葉県産の大根(1/2本)
食品業界の『流通・販売革命』食品業界の『流通・販売革命』


福島県・岩手県・千葉県産のきゅうり(2本)
茨城県・青森県・岩手県産のピーマン(3個)
食品業界の『流通・販売革命』食品業界の『流通・販売革命』


佐賀県・兵庫県・北海道産のたまねぎ(2個)
北海道・青森県・岩手県産のにんじん(2本)
食品業界の『流通・販売革命』食品業界の『流通・販売革命』


今までは地元のスーパーさんや大手ショッピングセンターその他の
生鮮食品コーナーでしか購入できなかった『産地の野菜』
コンビニで購入できる時代に突入しました。
しかも全国13,000店舗(概算)のセブンイレブンで同時に販売する
流通システムができあがったら、本当の意味で『流通革命』
起こります。
いよいよ『流通・販売革命』が本当に日本でも実現しそうな
環境になりそうです。
今までコンビニエンスストアを競合店としていなかった業界が無視を
できない環境変化になります。


『流通・販売革命』がおき、環境が激変しますと世の
常ですが「勝ち組み」「負け組み」との格差が大きく発生します。

弱者でも「勝ち組み」になるチャンスが来ました。






にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕掛けづくり)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(業績向上の仕掛けづくり)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。