2018年07月03日

コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


ここ数年コンビニ業界の成長神話に陰りが見えはじめ、客数の伸び悩み
が顕著となり大きな課題となっています。
大手コンビニチェーン店のファミリーマートは、大胆な施策を打ちだし
て驚いた消費者も多かったと思います。
外観はコンビニエンスストアですが、一歩足を踏み入れると驚きの店内
はディスカウントストア「ドン・キホーテ」そのままです。
店内は整然と商品が並ぶ従来のファミマと異なり、ぐっと目の前に商品が迫ってくる勢いがあり、通常より20㎝高い180㎝の陳列棚にぎっしりと商品が並び、床から天井近くまで積み上げるドンキ流の「圧縮陳列」で埋め尽くされています。従来の店とは大きく異なります。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







6月にJR立川駅から徒歩10分、幹線沿い店舗で外観は普通のファミマ
ですが、出入り口上部の看板に「PRODUCED BY ドン・キホーテ」の
文字がクッキリと。 この店舗がファミリーマートとドン・キホーテが手掛ける共同店舗の第1号店の誕生日なのです。
時代の超繁盛店のノウハウを取り入れた試験店舗での試みです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







人の腰の高さほどのタワー型の陳列棚はファミマにはない陳列手法で、
商品の一部が飛び出すほど詰め込まれています。
天井から吊るしたチェーンにいくつもの商品を取り付けて目立たせる、いかにもドンキ風の陳列を行いレジ脇ではドンキ名物の「焼き芋」まで売られてい徹底ぶりには驚きます。
立川の実験店では、こうした陳列によって商品数も改装前の1.5倍に相当する5000点にも膨らんだようです。
ドンキからの供給商品が2800点と半数以上を占め、中身もドンキ化してのオープンとなっています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








伸び悩み感が強くなったコンビニ業界に新しい風は吹くのか。
興味深く見ることにします。
明日以降、次回は後編を記事にしてお届けします。



















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。