2012年02月22日

『心を磨く』/鍵山秀三郎先生の一日一話

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



おはようございます。
私の「心の師」でもあります鍵山秀三郎先生の「鍵山秀三郎一日一話」
を記事にさせていただきますね。
毎日携帯メールとして送っていただけるのですが、どの内容も素晴らし
いのですが、その中でも今年になり、特に強く印象に残っている内容を
ご紹介します。1月28日の一日一話です。
タイトルは『心を磨く』です。

*インターネットより鍵山先生の写真を抜粋しました。


『心を磨く』
 
 人間の心は、そう簡単に磨けるものではありません。
ましてや、心を取り出して磨くなどということはできません。
心を磨くには、とりあえず、目の前に見える物を磨き、きれい
にすることです。 特に、人の嫌がるトイレ清掃を長年続けて
いると、知らず知らずのうちに自分の心も磨かれ、浄化される
ような気がします。


PHP研究所:鍵山秀三郎「一日一話」より引用




トイレ清掃で注目されている鍵山秀三郎先生の真髄だと思います。
私自身も平成3年に、鍵山秀三郎先生の講演を間近でお聞きし、大きな
感銘を受けて、翌日から「トイレ清掃」をスタートさせました。


お陰さまで、今日まで21年間の継続はできているのですが、続けれは続
けるほどに難しさを実感します。
鍵山先生の教えの中に「掃除を徹底する」があるのですが、
トイレ清掃も自分自身の体験談で言いますと「やっている。」だけでは
全くダメだと思います。心を込めて「トイレ清掃」をするということは
ピカピカの状態になった後のトイレに、さらに磨きを掛けることができ
るか・・・  ここが真髄のような気がします。


実践中ですが、まだまだ力量不足であり、実践が足りません。
しかし、鍵山先生の教え通り「小さく積み上げる」ことを実践します。
今日も鍵山先生の教えを胸に実践します。











にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


Posted by 戸塚友康 at 10:12 │人間力を磨く

▶コメントをする・見る(0)