2011年06月17日

新入社員は「管理職志向」が強まっている

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



今春に就職した新入社員は、仕事に対してどのような考え方をしている
のでしょうかか・・・
また、将来の進路などはどのような方向性を望んでいるのでしょうか。
インターネットによる調査にて、2011年春に就職した新入社員440名が
回答した調査結果が発表されました。

*インターネットより入社式の写真を抜粋しました。




◆出世という言葉のイメージ 
 ・出世という言葉を聞いて、どんなイメージをする人が多いのか。
  「努力・能力の証」・・・・・・・25.9%
  「責任の増大」・・・・・・・・・・24.0%
  「社会的なステイタス向上」・・・・19.6%



◆最終的に目標とする役職
・役職については、どのように関心を持っているのか。
  「社長」・・・・・・・17.4%
  「役員」・・・・・・・22.7%
  「部長クラス」・・・・19.1%
  「関心がない」・・・・32.6%

*「関心がない」が相変わらず30%を超えているが、昨年より4%低下
 しており、6年前の51.3%に比べ大幅に減少しているのが判ります。



◆終身雇用制度を希望するか
・終身雇用制度を望みますか、との質問回答の結果
  「終身雇用を望む」・・・・・74.5%
  「終身雇用を望まない」・・・25.5%

*3年連続して「終身雇用制度」を望むと回答した割合が70%を超えて
 おり、以前として終身雇用を望む安定志向が続いています。




以上の興味深い調査結果が発表されました。
ここ数年「管理職として部下を動かし、部門の業績向上の指揮をとる」という“管理職志向”が過去最高だった昨年と比較しても3.9%アップ
しており48.1%の新入社員が“管理職志向”があることが判りました。

今年の東北大震災後に実施した調査でもあり、あらゆる環境変化による
新入社員の意識レベルも確実に変化しているようです。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。