2010年12月13日

当たる「チラシ」の作り方!

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
『ブログ村』に参加しています。応援のひと押しが励みになります。





新聞オリコミチラシの宣伝効果が減少したと言われて、久しく経過
しましたが、未だに効果的なチラシ広告を模索している企業さんが
数多くいます。
本日は『当たるチラシ』ノウハウをチョッピリ紹介します。



まずは『特定分野〇〇〇で第一位』。
キャッチコピーで何を訴えるかが勝負になります。
たくさん書いてあったり、商品がたくさん掲載されているチラシは
消費者は見る気が半減します。
ある特定分野で第一位のキャッチコピーはシンプルで判りやすく、
消費者の目にとまります。


次に商品の『イメージをビジュアルで鮮明にする』
中小企業がタレントを活用することは無理としても、自社の商品や
サービスを判りやすくイメージをビジュアルで表現することが大切
なポイントです。



次に『使用前・使用後の違いを訴える』。
これも消費者の購買動機に大きく影響します。
ただし、人によって個人差がある事実の記載も忘れずに…



次は『権威の法則の活用』。
人は専門性の高い人や権威のある人の言葉を信用する傾向があり、
特に大学教授や医者・弁護士等との意見は正しい。と認識します。



次に『生産者の顔が見える』。
商品によって異なるのは当然ですが、作っている生産者が見えると
消費者には安心感が出ます。
また、「こだわり感」を感じることが購買動機に直結します。



次に『限定〇〇個』の活用。
日本人の特徴として「限定」との響きに反応が良いのです。
一緒に「お得く感」も演出すると良いでしょう…



次に『一般消費者の声』を掲載。
これも消費者にとっては「安心感」を持つ材料であり、購買動機に
直結する場合が多いのです。




最後に『返品・返金の保証』。
この部分が最も重要な部分かもしれません。



ご存知の方も多いとはおもいますが、消費者を保護する制度として
「クーリングオフ制度」。
この制度は何にでも適用できると思ったら大間違いです。
実は「テレビショッピング」「インターネットショップ」で原則的
に適用が出来ません。
一部、「返品・返金」ができるのは好意的な業者が企業努力として
好意で返品。返金に応じているのです。


『当たるチラシ』の作り方は、
 ◆特定分野で第一位の活用。
 ◆イメージをビジュアルで鮮明に訴える。
 ◆使用前・使用後の違いを訴える。
 ◆権威の法則の活用。
 ◆生産者の顔を見せる。
 ◆限定〇〇個の活用
 ◆一般消費者の声を掲載。
 ◆返品・返金保証の実施。


以上を基に『当たるチラシ』作成に知恵を出して下さい。













にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。