2010年10月05日

空前の『丼』ブーム/郵便局が全国から取寄せ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
『ブログ村』に参加しています。応援のひと押しが励みになります。


最近、空前の『丼』ブームだと知っていましたか…?
吉野家とすき屋の牛丼戦争を皮切りに、新たな勢力も台頭しています。
代表例が、カツ丼専門店の『かつさと』。既に浜松には2店舗の店が
できています。今後、必ずメジャーになりそうな勢いです。

そこに目をつけたのが郵便局の全国の『丼』のお取り寄せサービス。
素早い企画と全国規模のスケールは、他社では真似できないサービス
ですね…  



「国産牛たたき丼」と「飛騨牛おこわ」



「利久 どんぶりセット」と「国産豚の生姜焼き丼」



「長崎にある山口屋の豚角煮丼」と「十勝名物ぶた丼セット」



「気仙沼産ふかひれ丼」と「横浜中華街の中華丼」



「京都『八起庵』京風鶏カレー」と「ハヤシ丼」



「北海道チャーシュー丼」と「名古屋コーチンどんぶりの素」



「ひつまぶしの素」と「ぶりのたたき丼」



「かに炊き込みご飯の素」と「越前かに丼」



「北海の親子丼」と「築地市場の天然本鮪かちわり丼」



「まぐろ丼セット」と「桜えびごはんの素」



「活〆真鯛 鯛釜めしの素」と「境港あじ丼・いか丼セット」




全国には驚くほど、地域の特産品を活かした『丼』がありますね…
また、そこに着目していち早く「ドンブリ」を大集合させた郵便局
の機動力と組織力には驚くばかりです。
ただし、残念ですが郵便局は半官半民(個人的な意見)ですので、
販売活動は一般企業に比べ、かなり弱いようです。
カラー刷りのきれいなパンフレットも置いてあるだけ…
見る人は皆無に近い状態ですから、せっかくの企画も大ヒットには
なりません。
郵便局が販売戦略を作り、職員への個別ノルマや目標達成報奨など
を仕組みとして作ったら大変な事態になります。
郵便局の「パンフレットコーナー」を見たら食料品や飲食店の方々
は、とても参考になる商品や企画が目白押しです。

郵便局のパンフレットコーナーは宝の山ですよ…