2010年05月25日

経営者の器

先般、ある講演会で素晴らしい講演を聞きましたので、
講演内容をご紹介します。

講演されたのは(社)倫理研究所法人スーパーバイザー
であり石川県金沢市の(株)芝寿しの梶谷晋弘社長。

業務内容は寿し折詰、お弁当の製造販売を北陸三県にて
営まれています。
代表的な商品としては「笹寿し」が有名であり、私自身も
石川出張の際にはいただいています。

梶谷社長の講演内容は後日、詳細に記事にしますが、特に
感銘を受けたのは…
『経営者の器以上に企業は大きくならない!』
これは良く聞く話ですしが、このあとに
『皆さんは自分の器を測る方法を知っていますか?』
自分の器を測る方法…? 梶谷社長いわく…
『妻に聞く』
なるほど。
一番、自分のことを良く知っているし、客観的に判断して
くれる最適者ですね。
でも怖くてとても聞けないのが本音では…?

また、自分自身の器を大きくする方法として、
『原理・原則を教えてくれる師匠を持つ』
常に「原理・原則」や「自然の法則」等の人としての生きざま
を教えてくれる先生を持つ。その通りですね…

素晴らしい内容を体験を通して教えていただきました。
私自身のためにあったと言っても過言ではない講演会でした。
梶谷社長、本当にありがとうございました。




にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ブログ村「コンサルタント」 ← 応援の『ひと押し』をお願い
               します。
  


Posted by 戸塚友康 at 08:46 │人間力を磨く

▶コメントをする・見る(2)