2018年04月09日

コッペパンが史上空前の大ブーム

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


日本人が子供の頃には給食で必ずお世話になった「コッペパン」
戦後の高度成長時代には欠かせない存在だったコッペパンが現在、空前
の大ブームになっていることをご存知でしたか。

私達の日常生活に当たり前のように存在している「コッペパン」ですが
、実は大正時代に日本で誕生した日本オリジナルのパンです。
「丸十製パン」がイースト製法のコッペパンを開発し、食パンより携帯
に便利なコッペパンを陸軍の糧食委託となった経緯があります。
個人的には京都にある「HAPPY BUNS」が大好きですか・・・


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




日本の伝統食である「コッペパン」が現在、空前の大ブームなのですが
きっかけとなったのは、2013年に東京亀有にオープンしたコッペパン
専門店「吉田パン」のブレイクだといわれいます。
焼きたての大きなコッペパンに甘いジャムや総菜などを目の前で挟んで
提供するスタイルで、常時40種類近いメニュー揃っている超人気店。
現在は北千住ルミネにも店舗を構えています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






この「吉田パン」のブレイクをきっかけにして、都内を中心として急激
に「コッペパン」専門店がが増えています。
創業500年を誇る老舗和菓子店の「とらや」も、新業態にてオリジナル
のあんペーストとクリームチーズを挟んだ「あんコッペ」を販売。
季節の素材を使ったシーズなる商品を展開するなど、女性客を中心とし
た新たな「コッペパン」の市場を切り開いています。
さらに店舗展開を推進する「パンの田島」や、千葉駅構内では大人気の
「カワシマパン」は大手が別ブランドで業界に参入してきています。

そんな中、珈琲チェーン店の「コメダ珈琲店」が満を持して、2017年
より「コッペパン」商戦に参入し、競争が激化してきています。
スタートはテイクアウト専門業態「やわらかシロコッペ」を名古屋や都内のデパートで期間限定で販売し、今年3月にはセルフサービス型店舗「コメダスタンド」をオープンさせました



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






昔懐かしい「コッペパン」の再評価の高まりによる大ブーム。
価格も手ごろで消費者にとっては、とても嬉しい商品であり、ブームに
なるのも判るような気がします。
この「コッペパン」ブームが、いつまで続くか楽しみです。











無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年04月07日

第4の携帯電話会社に楽天が・・・・

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


総務省の電波監理審議会が昨日の4月6日に開催され、新たに解放される
第4世代移動通信方式向け電波について、楽天に割り当たることが妥当
であるとの答申を行いました。
9日に楽天を新たな携帯電話事業者と認定する見通しとなりました。
携帯電話事業への新規参入は2005年イーモバイル(現ソフトバンク)
以来、13年振りとなります。
新たに楽天が参入することで携帯電話業界に価格競争が生まれるのか。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第4キャリアは過去には存在しており、古くは「ツーカーセルラー」で
、最近では「イーモバイル」や「ウィルコム」が存在していました。
いずれも「通信料金の安さ」を掲げていましたが、全国津々浦々でつながらない弱点を持ち、結果的に消滅していきました。
日本人は携帯電話に安さより「どこでもつながる」などの安心感を優先
する特徴があり、ソフトバンクが携帯電話事業に参入した時も「国民のために安い料金プランを提供する」と掲げスタートしましたが、当初のユーザーの評価は「安くてもつながりにくい」と思惑が外れて苦戦した経緯があります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







現在、日本における携帯電話市場は事業者間の顧客獲得競争は総務省の
規制により、争奪戦は収束しているのが現状です。
キャッシュバックやスマホの実質0円販売に規制を掛けているのです。
楽天が大手3社と互角に戦えるようになるのは、現在のマーケットから
観ますと非常に高い壁があるのは誰が見ても判ります。
全国的なネットワークを整備され、大手3社よりも安い料金で提供でき
さらには人気機種を揃えて行かないと対等には戦えないでしょう。
このインフラを整備するのには10年単位の時間が必要と思われます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







楽天サイドでは2019年10月からサービスを開始する計画ですが、気に
なるのは全国にネットワークを張り巡らせるには数兆円規模の設備投資
が必要と言われているインフラです。
ドコモは既にその規模の投資を完了しているだけでなく毎年6,000億円
に近い設備投資(ネットワークの維持・整備費)を行っており、楽天は
2025年までの7年間の設備投資金額が6000億円と計画されています。
ドコモの1年分と同程度でインフラが整備されるのか。

楽天と言う新進気鋭の超優良IT企業の参入で携帯電話業界が変化が起きるのか、大変に興味深いニュースです。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年04月05日

超優良企業の「しまむら」が減収減益

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


平成の超優良企業である「しまむら」が2018年2月期決算ては、売上高
5656億円(前期比0.1%減)、営業利益428億円(前期比12.1%減)と
減収減塩となり、リーマンショック後の2009年2月期にわずかに減収と
なって以来、9年振りの減収になったことを発表しました。
1988年の上場以降、順調に業績を伸ばしてきた「しまむら」に何が起
こっているのか、不振の原因について記事にします。

苦戦の要因は主力業態の「ファッションセンターしまむら」の不振。
2018年2月期での総店舗数は1401店舗と、前期より36店舗増加しまし
たにも拘わらず、全店舗の売上は前年比1.3%減と既存店の大幅な落ち
込みが大きな要因となりました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








既存店の不振要因の1つは、店頭アイテム数や在庫を絞ったこと。
同社はここ3年間、「変革」をテーマに過去の「売上を確保するために
商品アイテムや在庫を増やし続けた」
方針を転換し、売場の整理を進め
てきました。
結果として3年間で在庫を2割削減、アイテム数を3割削減しました。
今年2月に新社長に就任した北島社長は「改革の最終年度に商品の整理
整頓をし過ぎてしまった」
と話しており、アイテム数を減らしたことで
「しまむら特有の“雑多感”が薄れ、多くの商品からの宝探しに醍醐味を感じていた固定客が離れてしまった」と、反省の弁を語っています。
商品の整理整頓をしてムダを省くことを実施したら「強み」が無くなってしまったとは何とも皮肉なことですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







創業以来、初といってもいいぐらい大きな減収減益を経験をして今期は
過去最高となる増収増益を計画しています。
失われた「雑多感」を取り戻すことはもちろん、現在3割を占めるPB
商品(プライベートブランド)の開発に注力する方針のようです。
また、「しまむら」の代表商品である『裏地あったかパンツ』が有名ですが、もう一つ看板商品の確立を目指します。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







平成の超優良企業といわれる「しまむら」
業績回復を目指して、どのように巻き返してくるか楽しみです。
興味深く動向を拝見させていただきます。

















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年04月02日

日本一のラーメン店「蔦(つた)」の戦略/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事では『日本一のラーメン店「蔦(つた)」の戦略/前編』
投稿させていただきましたが、本日は後編をお届けします。
前編で大西店主の「こだわり」の一部をご紹介しましたが、常に新しい
味へのチャレンジをしているのが「蔦」の真骨頂です。
大西店主は「ラーメンとは本来、何種類ものうま味で飾りたてるような
料理ではない。日本が世界に誇ることのできるラーメンとは、いろいろ
と考えた結果、着飾ることなくシンプルに美味しさを表現すべきものだ
という思いに至りました。」
という持論を持っています。
この考え方に基づき味の抜本的な見直しを行い、2017年6月に全く新しい味としての「新味(しんみ)」を開発することになりました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







醤油ダレは和歌山県の2年塾生生揚げ醤油をメインに、長野県産の丸大豆本醸造濃口醤油と白醤油をブレンドした醤油にムール貝・牛肉・ポルチーニ茸・乾物・野菜のダシを合わせたものを使用しています。
そして醤油ダレに雑味を加えて、スープは3種類の出汁をそれぞれ別の
寸胴で作り、それらを提供する直前に丼で合わせる「トリプルスープ」
となっています。 聞いただけで美味しそうですね。(笑)
「蔦」を一躍有名にしたのは何といっても「黒トリュフオイル」です。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







それまでは相当な分量のクロトリュフオイルを使用していたようですが
新しい味の『新味』への変更を機に、大幅に減少して単なる香り付けを脱皮してうま味の一部としてスープに配合したことで、シンプルな美味しさを追求したようです。
そして新たに取り入れたのが黒トリュフパウダーを使用しています。

大西店主は「現在のラーメン業界は飽和状態に達していて、面白みが無くなってきているのではないか。」と警鐘を鳴らしています。
確かにどのラーメン店でも、美味しいラーメンは食べられますがインパクトのある特徴的なラーメンに出逢う機会は少ないと感じます。
良い意味でも悪い意味でも標準化が進んでいるとも言えます。

日本の国民食として定着しているラーメンが今後、更なる進化や新しい味にチャレンジして私達、消費者を楽しませてくれる食文化の提供を私自身は大いに期待しています。











無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月29日

隠れたヒット商品/温泉街、熱海の「熱海プリン」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


温泉地で有名な静岡県熱海市で駅前の商店街でプリンが売れています。
JR熱海駅前の平和通り所運外を抜けると、わずか6坪ほどの小さい店
で販売されているのがプリン専門店「熱海プリン」です。
牛乳瓶のレトロ感がある容器の中に入れられたプリン、パッケージには
可愛らしいカバがデザインされ、インスタ映えしそうな商品です。
商品の種類はスタンダードなプリン、イチゴやチョコの季節限定商品、
フロマージュプリン、変わり種など数種類があります。
地域柄のお土産需要もありますが、食べ歩き需要もあるようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2017年7月のオープン時には3日間で3500個を販売し、今年2月は売上
と販売個数ともに過去最高を更新したようです。
さらに3月は前月を超える勢いであり、連日行列ができています。
購入者は若年層が多いのですが、ネクタイを締めたサラリーマンや地元
シルバー層にも受け「熱海の書店街で一番店」と言われています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「熱海プリン」の誕生には観光地という街にしては食べ歩きできる商材が少なかったという点に目を付けたことが原点でした。
専門店でいえば、いそ揚げの「まる天」ぐらいしかない現状を踏まえて
熱海温泉にマッチしたコンセプトで、食べ歩き&お土産のどちらの用途
でも受け入れられる商材が求められました。
そして試行錯誤の結果「熱海プリン」が誕生しました。

現在は商品(商材)だけの消費者のニーズで好調な販売が続いています
が、これからはプラスアルファ部分の「付加価値」をどのように創り上
げるかが課題となってきます。
温泉街にできました小さな店が今後、どのように進化するか、観光客に受け入れられるのか興味津々です。












無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月26日

目薬業界に異変/スマートフォンによる環境変化

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


目薬業界に異変が起きており、1000円を超える高価格帯の商品投入
が相次いでいます。 何が起きているのでしょうか・・・・
従来は500円以下の商品が大半を占めており、乾燥や痒みを防いだり
、清涼感を得る目的で購入のケースが多かったのですがスマートフォン
の普及にて疲れ目や老眼に悩む人が増加してきた現状があり、高齢化や
女性の社会進出といった社会環境の変化と重なり、高価格商品の投入と
なったようです。

ライオンは今月発売した「スマイルザメディカルA」は(希望小売価格1512円)、疲れ目やかすみ目に悩む人向けの商品です。
目を酷使すると、涙が仁美に留まりにくくなり、角膜が傷ついて疲れを
感じやすくなることに着目して、角膜を修復して涙を留める作用のある
ビタミンAを配合した新商品です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ロートが昨年発売した「Vロートアクティブプレミアム」(希望小売価格1620円)は、増加するシニア層にターゲットを絞った商品で、疲労による視覚機能の低下を防ぐため、ビタミンAと仁美細胞に活力を与えて活性化するタウリンを配合した商品です。
同社は1000円以上の目薬は5種類あり、2014年以降だけで4種類
を発売するほど環境変化が起きているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







一方で女性の社会進出を意識した商品といえるのが参天製薬が発売した
「サンテボーティエコンタクト」(希望小売価格1620円)は、女性の
コンタクトレンズ利用者向けであり目の代謝機能を活発にするビタミン
B6などを配合した商品です。
有名デザイナーによる容器のデザインは、香水の瓶に似たエレガントでお洒落なデザインを採用しているのが特徴です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







アレルギー用を除く一般用の目薬市場は、2014年から2016年にかけて
市場は9%ほど拡大し、その中でも1000円以上の目薬市場は37%増と
大きな成長を実現しています。

時代は確実に変化しており、消費者の購買動機も進化しています。
言い古された企業経営の大原則ですが、
「企業は環境適応業」であることが証明されています。

消費者の「潜在ニーズ」を捉えての商品化、サービスの進化を実現した
企業が勝ち組みになるのは、いつの時代も同じなのですね。



















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月24日

「からあげクン」をお客自身が揚げる?

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


コンビニエンスストアの出現により、いろいろな業界に大きな影響を与
えて食料品業界、特に中食産業に大きな環境変化が起きています。
大手3社を中心に店舗数を増やす一方、既存店の伸び悩みが大きな課題
となっておりヒット商品の創出に懸命に取り組んでいます。

ローソンはヒット商品「からあげクン」は1986年発売で、累計28億食
を売り上げているロングセラーの大ヒット商品です。
30年以上も店頭で売れ続けていることには、本当に驚きの一言です。
2014年には原料の鶏むね肉を全て国産に切り替え、30~40代の女性の
顧客が大幅に増えたことを踏まえ、「食の安心・安全」に関心が高い層
に訴求することを検討してるようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







そのローソンの戦略で既存のヒット商品の活用方法で「アッと」驚きの
ニュースが流れてきました。
購入する客自身がボタンを押して、自分自身で「からあげくん」を揚げ
れる機械を開発、店頭に置くことを検討しているようです。
狙いは当然「出来立てを自分で作り食べられる」との付加価値です。
過去には「ご当地からあげクン」などを大ヒットさせましたが・・・・


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







コンビニの業界では競争が激化していますが、お客様への差別化戦略が
「お客様に届いていない」との思いがあり、実際にそのようです。
来店動機につながる戦略にこれから工夫されることが予測されます。
今後春から夏に掛けての時期に、どんな施策が出てくるか楽しみです。













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月17日

「いきなりステーキ」急成長の戦略/前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


低迷する外食産業の中「いきなりステーキ」を運営するペッパーフード
サービスが、2017年12月期決算を発表しました。
売上高362億円(前期比62.2%増)、営業利益22.9億円(前期比240%
増)と大幅な増収増益の結果となっています。
今期も好調な推移をしており、その要因は既存店の成長です。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「いきなりステーキ」は2013年12月に銀座に1号店を出店、名前の通り
前菜を挟まず、ステーキの立ち喰いをコンセプトとした外食産業におけ
る新しいビジネスモデルの業態です。
肉は原則的にオーダーカットであり、客の注文で食べた肉の種類と㌘数
を伝えると、店員がその場で肉の塊をカットするスタイル。
㌘当たりの金額は他店に比較しても安価であり、肉の原価率は6割ほど
になっていますが立ち喰いが基本なので回転率が高くなっています。
客単価も2000円とチェーン店としては高額のため、店舗の売上規模も大きいのが特徴であります。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






業績向上の要因としては会員向けの販促に「肉マイレージ」と呼ばれる
ポイントシステムがあり、食べた肉の累計㌘数に応じて、来店時に受け
られるサービスや特典が豪華になっています。
例えば、累計3000㌘以上にもらえるゴールドカードになると、通常300
円で提供されるソフトドリンクが来店のたびに1杯無料となるサービス
があります。
2018年1月末現在で「肉マイレージ」が累計420万枚のカードを発行し
カード利用率は54%と驚異的なリピート率を誇っています。

他にも「肉マネーギフトカード」と呼ばれるプリペイドカードを東京や神奈川県のコンビニやドラックストアで販売し、更なるリピート率向上と新規客の開拓に取り組んでいます。

続きは後編でお届けします。










無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月05日

大ブームの兆候「食べる牧場ミルク」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


最近、インスタgを中心に話題となっているアイスクリームがあるのを
ご存知でしたか・・・・・
ファミリーマートとサンクス限定で販売されています商品で、見た目の
パッケージが「可愛い」と評判の商品がこちら。
『食べる牧場ミルク』

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







インパクトのある商品名に加えて、透明なアイスカップに描かれた何と
も「可愛らしい」牛のデザインが人気のヒミツのようです。
牛乳を50%使用した濃厚ですがあっさりしたコクのあるアイスです。
SNSの投稿でも最初はパッケージに惹かれて購入した人達が多いようですが、味の評判も好調のようです。
「口の中でふわっと溶けていき軽くて美味しいアイスでした」
「甘く優しいミルクの風味と、軽い感触がとってもよかった」
「風味が濃厚なのにあっさりした味わい。くどさがなく美味しい」
「ここ最近で一番普通に美味い」
などのコメントが寄せられています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







製造元はと・・・・・   やはり。(笑)
ガリガリ君で有名な赤城乳業さんが2017年10月に発売していました。
価格は1個198円とお手頃ですが、現在は品切れ店が続出しており、なかなか入手困難な大人気商品となっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






3月に入り、そろそろお彼岸を迎える季節。
今年もいよいよアイスクリームの商戦がスタートしますね。
「食べる牧場ミルク」の存在が気になりますね。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2018年03月03日

パッケージ変更で売り上げ倍増/明治ザ・チョコレート

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


シンプルかつ、本格的な味で大人気の「明治ザ・チョコレート」の売上
金額が急上昇しているようです。
2014年発売された「明治ザ・チョコレート」は発売当初はヒット商品
とは言い難く、どちらかといえば苦戦していました。
明治では90年前からカカオからチョコレートになるまでを一貫して行う
“Bean to Bar”方式で製造しているのが特徴です。
2016年9月に社運を賭けてリニュアルに取り組みました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






発売当初は4種類。
「コンフォートビター」はベネズエラ産カカオを中心に使用、正統派の
コク深さと香ばしさが特徴の消費です。カカオ分70%。

「ベルベットミルク」はベネズエラ産のカカオを中心に使用、ナッテイな香りとミルクのコクが特徴です。カカオ分49%。

「エレガントビター」はブラジル・トメアス産のカカオを中心に使用
、気品のあるフルーティーか香りが特徴です。カカオ分70%。

「サニーミルク」はブラジル・トメアス産のカカオを中心に使用、カカオの酸味とミルクの旨み感じられる優しい味。カカオ分54%。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







女子に大人気の「明治ザ・チョコレート」ですが、そのヒミツはなんと
「可愛らしいパッケージ」にあるようです。
現在、このパッケージが大人気で「カカオのマーク」を切り抜くだけで
お洒落なシオリにしたり小物に変身させる女子が急増中のようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






マークを切り取り、ラミネート加工を施して小物に貼り付ける。
SNSで投稿され、瞬く間に拡散されて大人気となったようです。
恐るべし現代の「大ヒット商品」の誕生の典型的なパターンですね。



















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。