2017年12月16日

LINEの新たなサービス「送信取消機能」

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


SNSで私達の日常生活に密着しているのが「LINE」通話です。
LINEで予期せぬメッセージ送信間違い、いわゆる「LINE誤爆」
が、これまでコミュニケーションの誤解を生んできました。(笑)
そんな「LINE誤爆」がようやく解決されることになりました。

つい先日、その難題を解決する機能が発表され使用可能となりました。
間違って送ってしまったメッセージを24時間以内なら、いつでも削除
できる「送信取消」機能です。
名前間違え、送信内容の間違い、送り相手の間違い、誤字・脱字などの
誤送信で何度ピンチに陥ったか・・・・(笑)
メッセージの送信取消を行うには、消したいメッセージを長押ししてい
ますと下記のようなメッセージがでます。

*自分自身のラインメッセージより選択しました。






「送信取消」を押しますと次に下記のようなメッセージが出てきます。
再度、「送信取消」か「キャンセル」するかの選択が出てきます。
ラインの公式サイトの発表をご紹介しますと。
送り間違えてしまったメッセージやスタンプは、24時間以内であれば
取り消しを実施することが可能のようです。
ただし、メッセージを取り消すことができるのは最新バージョンのみで
あり、スマートフォン版LINE、デスクトップ版LINEで使用でき
るようです。  
メッセージは未読、既読に関わらず取り消しができます。








メッセージ、スタンプが取り消しをした後は下記のようになります。
「LINE誤爆」してしまった場合、慌てず「取消機能」を使ってみたら如何でしょうか。
これで誤解されることも激減することでしょうね。(笑)















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年12月14日

快進撃が続く「名古屋めし」/後編

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事で「快進撃が続く“名古屋めし”/前編」を投稿しましたが、
改めて本日、後編を投稿させていただきます。

軽く炒めた太めの麺に肉やソーセージ、野菜の旨みが溶け込みコショウ
の辛みが効いたトマトベースの餡が決め手の「あんかけスパゲティ」。
一見、中華料理の甘酢のように見える「あんかけスパ」はミートソース
を名古屋風にアレンジした典型的な「名古屋めし」です。
名古屋でも有名なあんかけスパゲティの店は「ヨコイ」「そ~れ」
根強いファンがいて、発祥の地と元祖と言われています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







名古屋めしの代表といっても過言でもないのが「みそ煮込みうどん」。
特徴的なのは麺の硬さ。有名店である「山本屋」では初めて食べた人が
「生煮え・・・???」と誤解されるほど歯ごたえのうどんです。
名古屋で有名な赤味噌をそのまま溶いた色の出汁が食欲をそそります。
特にお勧めは「名古屋コーチン入り」の味噌煮込みうどんです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







名古屋は古くから菓子つくりの街として栄えており、大豆を使った菓子
づくりに馴染みがある土地です。
厚めにスライスした食パンをトーストにしたのちに、マーガリンまたは
バターを塗って小倉餡を乗せたのが「小倉トースト」。
サンドイッチのように食パンで餡を挟んだものや、パンと小倉餡を別々
にしてあり、個々に好きなだけ餡を乗せての食べ方、先に食パンに餡を
挟んで油で揚げたものなど、食べ方も多彩です。
発祥の地は栄にあった喫茶店「満つ葉」と言われていますが、ハッキリ
したことは不明です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







前編、後編で「名古屋めし」をご紹介してきましたが、まだまだ他にも種類があり「食の宝庫」が名古屋です。
また機会があればご紹介します。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年12月12日

快進撃が続く「名古屋めし」/前編

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


東京や大阪から新幹線に乗り、JR名古屋駅に到着した多くの人が最初
に目にするのは「名古屋めし」の代表格、立ち喰いきしめん「住よし」
ではないでしょうか。新幹線の上り・下りホーム、在来線のホームなど
名古屋駅のホームだけで7店舗もあります。

「住よし」が名古屋駅に開業したのは1961年、それから半世紀以上に
わたって名古屋駅を利用する人達のお腹を満たしてきました。
店舗によっては味が違うというコアなファンも存在し、「どのホームの
きしめんが最も美味しいか」
と言った論争があるぐらいです。
新幹線ホームの店舗は注文が入ってから天ぷを揚げているので、揚げた
ての天ぷらが食べられるという特典もついています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







名古屋めしが大ブレイクしたキッカケは、「名古屋うまいもん通り」が
拡張された2015年だと言われています。
その時点での新店舗が台湾ラーメンの有名店である「味仙」です。
ピリッと辛いスープとニラと挽肉が絶妙にマッチして、癖になる美味し
さで「また食べたくなる」要素が満載の名古屋めしです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







全国的に知名度の高い「名古屋めし」の代表にみそカツがあります。
名古屋で最も有名なみそカツ店と言えば、ダントツ「矢場トン」です。
2種類のソースが楽しめるトンカツと、みそ味が特徴の串カツが名古屋で有名な「みそカツ」です。
東海地方ではトンカツ屋で「みそカツ」が無いトンカツ屋はあり得ません。「とんかつ」と「みそ」は本来、くどい食べ物食材であり単純に掛け合わせると味が濃すぎ味になってしまいます。
「矢場トン」では厳選された食材とトンカツの揚げ方に工夫を凝らし、
シェフが愛情を込めて調理する「こだわり」を持っているようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







名古屋めしの「きしめん」「台湾ラーメン」「みそカツ」をご紹介しました
が、まだまだご紹介したい食材が数多くあります。
また後編をお楽しみに・・・・
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年12月07日

タニタ食堂がビジネスモデル再構築『健康+楽しみ』

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


タニタのグループ企業であるタニタ食堂の運営「丸の内タニタ食堂」が
6年振りに全面リニューアルを実施しました。
従来はランチタイムとカフェタイムのみの営業でしたが、11月29日よ
りディナータイムと8種類の新メニューからの「タニタの洋食ごはん」
の提供をスタートしました。
価格は950円~1400円、平均単価は従来の900円から200円程度アップ
して1100円程度になるようです。
また全国29ヶ所のタニタ食堂で初めてのアルコールの提供も開始。
ビールとグラスワインなどを取り揃えています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







タニタ食堂は周辺オフィスで働くビジネスマンが社員食堂のように利用
できるレストランを目指し、2012年にオープン。
今回のリニューアルの最大の狙いは顧客層の拡大であり、今までにのべ
約40万人の利用者がありましたが、40~50代が中心でした。
男女比では女性が多かったので、洋食メニューを投入することで若い層
や男性の客層にも利用する機会を提供していくことを狙っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







これまでタニタ食堂は定食で「エネルギー500Cal前後、塩分3g以下、野菜
150~250g使用」を守ってきましたが、洋食メニューで守れるのか。
一般的には洋食はカロリーが高くなりがちですが、タニタ食堂では洋食
のシッカリした味付けやボリューム感を損なうことんなく、カロリー・
塩分共に2~3割カットする工夫をしています。
1食あたりのカロリーを800Cal以下、塩分4g如何に抑えています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。










タニタ食堂の担当者は「ヘルシーな食事イコール味気ない。わびしい。
美味しくない。というイメージが強いので、今回のリニューアルでその
イメージを払拭したい。」
と語っています。
今回のリニューアルの最大ポイントでもある「食事は楽しみのひとつ」
という観点が強く活かされています。
従来のタニタ食堂のイメージ、見た目はは薄味風でボリュームが少なく
、食欲をそそらないものが強かったようです。
健康に重点を置くあまりに、食に対する楽しみを求める客層への訴求が不十分であったことを見直しています。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








食の世界では「健康」「ヘルシー」「無農薬」「減塩」などがテーマとして主流でしたが、その代名詞ともいえるタニタ食堂のビジネスモデルの再構築が話題を集めています。
今後のタニタ食堂の動向に注目です。























無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年12月01日

「野郎ラーメン」が月額サービスを実施

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


関東周辺に15店舗を構える「野郎ラーメン」は、お店に入ると入口に
ある券売機で食券を購入する仕組みですが、中には券売機を素通りする
お客さんがいます。 そして店員にスマートフォンを見せると、料金の
支払いをせずにラーメンが提供されています。
その訳は「野郎ラーメン」が今月よりスタートさせた新サービスである
「野郎ラーメン生活」です。
月額8600円で1日1杯のラーメンが食べられる月額サービス、対象と
なるのは定番の3種類、31日食べ続けると2万4180円です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






サービスの利用には専用アプリをダウンロードして、月額会員になると
クーポン画面が表示される仕組みになっています。
当然のように消費者の声としては賛否はあるようですが、常連客獲得と
して新しい取り組みとして注目されています。
他の外食産業でも「月額サービス」を導入している展墓があります。
カフェやフレンチレストランなどが実施しているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







飲食店が「月額サービス」を実施する目的は何なのか・・・・
「野郎ラーメン」のケースですと最大の目的は『常連客の獲得』であり
、新規客のへの「ばらまきクーポン」ではなく、店への利用経験のある
消費者に利用頻度を高めてもらうことを目的としているようです。
1人利用客が多い飲食店では、グループ利用を多くする施策を盛り込ん
だサービスを実施することを狙っているようです。
もう一つの目的は月額料金による『安定収益』の確保のようです。
飲食店は水商売と言われように雨が降れば客足が鈍りますし、テラス席
などが利用できなけれ魅力も半減します。



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







今回、「野郎ラーメン」の月額サービスがネットを中心に話題になった
ことで様々な飲食業が月額サービスを検討することが予測されます。
外食産業の新サービスとして成立するか注目ですね。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月24日

働き方改革による環境変化「副業解禁」/後編

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事にて「働き方改革による環境変化“副業解禁”/前編」を投稿
しましたが、本日は後編をお届けします。

副業解禁へ向かう時代の変化、環境変化については前回の投稿で記事に
書いた通りですが、導入までには様々な問題点があります。
大きな懸念材料のひとつとして本業への悪影響が予測されます。
昨年度実施されました日本経済新聞の調べによる「働き方改革に関する
企業実態調査」では、副業の課題として「本業がおろそかになる」「情
報の漏洩リスク」「競業、利益相反」などを懸念する企業が、圧倒的に
多かったようです。  当然の声だと思います。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







一方で副業解禁に踏み出した企業には先を見据えた狙いがあるようで、10月に「副業の許可」を発表したソフトバンクでは「副業や他社交流の場で得た見識やノウハウを従来のものと組み合わせることで、イノベーションの創出につなげることが目的」と語っています。
なかなか難しく、高いレベルの課題にチャレンジしていますね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2012年から「複業」を認めているサイボウズでは、複業環境を前提に
中途採用者が増えるなど採用環境が高まったようです。
社長は「自由な働き方を志向する人にはサイボウズは魅力的な職場となり、ブランド力が向上する。社員の成長力も高まり、自分で“稼ぐ”感覚が高まるので、将来的には経営人材が巣立つことを実感している」と、
語っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「複業」「副業」を推進する企業には、社員達の人生の選択肢を増やして、自分らしく働くことで、人生の豊かさを追求していくことを推進することが根底にあるようです。
少子高齢化、人手不足による採用難という経営者が多い中、優秀な社員の流出を防ぐためにも、社員の本当のヤリガイを導くためにも、複数のキャリアを認めることは不可避な時代となってきています。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月19日

LINEが新機能「送信取消」サービスを実装

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


先日、コミュニケーションアプリ「LINE」が新しいサービスを12月
以降に実装することを発表しました。
そのサービスは、私自身も待ち望んでいた送信したメッセージを相手の
トークルームから削除できる「送信取消」サービスです。
コミュニケーションの選択肢を拡大するための機能拡充の一環です。
名前を間違えたり、スタンプを送り間違えたり、入力中に誤発信をして
しまったりした経験が誰しもあるのではないでしょうか。
とっても助かります。(笑)

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「LINE」の調査によりますと、過去に誤ってメッセージを送った事
があるユーザーは83%に及んでいることが判っています。
誤って送ったメッセージの内容は、
◆誤字脱字のあるメッセージを送ってしまった。    30%
◆作成中のメッセージを送ってしまった。       24%
◆意図しないスタンプを送ってしまった。       19%
◆メッセージの送信先を間違ってしまった。      19%
全て当てはまり、経験した誤発送の内容です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






当初は24時間以内に送信したメッセージのみ削除可能として、その後
についてはユーザーの反応を踏まえて検討するようです。
従来は相手のトークルーム削除はできず、自分自身のトーク履歴と送信
済みメッセージのみが削除できていました。

誤発信で焦った記憶が多く、相手にも誤りのメッセージったことも数多くありますので、本当に助かります。(笑)

















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月13日

新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


新しいビジネスモデルのご紹介をさせていただきます。
カプセルホテルのようでカプセルホテルではなくて、ビジネスホテルの
ようでビジネスホテルではない。新しい宿泊施設が誕生しています。
全国の各地で増えている宿泊施設の名は「ファーストキャビン」です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2009年に大阪で誕生し、その後は年に1店舗ペースで増えてきています
が、今年に入って9店舗がオープンしています。
東京地区8店舗、愛知県1店舗、京都2店舗、大阪3店舗、福岡1店舗
、長崎1店舗と合計全国で16店舗が営業しています。
また、全店の平均稼働率は90%超と驚異の数字を表しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







部屋の種類は4.4平方メートルの「ファーストクラスキャビン」と、2.5
平方メートルの「ビジネスクラスキャビン」の2種類があります。
2畳から3畳の広さで、価格は1泊4200円~7700円と手軽な価格。
部屋と通路を隔てているのはスクリーンカーテンのみで完全な個室では
なく、通路を歩く人の足音や隣にいる人の声も聞こえてきます。
貴重品には鍵を掛けることはできますが、カーテンには鍵がなく、部屋
に窓がないので「カプセルホテルと一緒で、しかも値段は高い。」と言
う声もあるようですが、ビジネスパーソンを中心に受けています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







一般的なカプセルホテルと「ファーストキャビン」との最大の違いは、
コンパクトな空間なのに快適に過ごせる工夫が施されています。
部屋は人が立てる高さがあり、施設はテレビ・Wi-Fi、天井照明、アメ
ニティなど必要なモノは全て揃っています。
ロビーのフロントは上質感が漂うデザインであり、トイレや共用の大浴
場も清潔に保たれ、女性客4~5割ほどリピーターがいるようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ビジネスホテルより安くて、カプセルホテルより高い宿泊施設は、どの
ようなキッカケで誕生したのか・・・・
「ファーストキャビン」の社長は「オフィスビルの空間対策として生ま
れた。この事業モデルは、ひょっとしたら地方の宿泊施設を再生できる
かも知れない。」
と語っています。

さて、空テナントが多くなったビル活用を含めた新しいビジネスモデル
は活性化として全国に飛び火するのでしょうか。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月09日

健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


健康志向という言葉を聞くようになって随分と時間が経過していますが
確実に健康ブームは世間に浸透しつつあるようです。
全国納豆協同組合連合によりますと、業務用を含む2016年の消費額は
推計で2184億円となっており、2004年度のピークの推計を超えている
ことが判明しました。 2017年を過去最高の昨年を上回る勢いです。
少し高めの商品も健康重視の女性達に支持されているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







タンパク質やカルシウムが多くカロリーも低くく、価格は手頃。
まさしく現代の時代環境にマッチした「消費者ニーズ商品」ですよね。
以前、開催地区では納豆は敬遠されていましたが最近では関西でも納豆
ブームが来ているとのスーパーマーケットの声もあります。
総務省の家計調査では、2016年の1世帯あたりの納豆消費額は前年に
比べて5%の増加の3835円となっています。
2017年の1月~9月も前年比2.5%の増加となっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







食品スーパー向けの商品やお土産商品を製造販売している納豆の産地と
して有名な水戸市にある納豆メーカーA社では、特に食品スーパー向け
の販売を伸ばしているようです。
A社の社長は「最近の消費傾向として少し高くても“こだわりの商品”を購入する傾向が高まっています」と語っています。
今後も消費拡大を目指しての商品開発も進めているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







都道府県庁所在地別の2016年の1世帯当たりの納豆消費額は、納豆の
産地で有名な水戸市がトップで5563円でした。
続いて盛岡市5562円、福島市の5388円と続いています。

ある調査機関の調べでは週1回以上納豆を食べる人の割合は、東北地方
が75.6%、近畿では48.8%、中国四国では47.3%という結果です。
まだまだ西日本では納豆への苦手意識があるようですね。

健康食品として代名詞になりつつある「納豆」の市場が楽しみです。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2017年11月07日

Facebookが純利益79%増収

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


交流サイトSNS最大手の『Facebook』が発表した2017年7~9月期
決算は、主な収入源である広告収入が大幅に伸び、純利益が前年同期比
が79%と大幅な増収となったようです。
47億700万ドル(約5370億円)と過去最高益を更新したようです。
ただ不法な広告や投稿を巡り、米議会が批判を強めており、同社も対策
費用を費やすため、今後は利益が落ち込む可能性もあるようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







売上高も103億2800万ドルと47%の増加、四半期ペースで100億ドル
を超えたのは創業以来初の快挙です。
売上高のうち98%を占める広告収入が49%も増加したことが大きな
要因であり、広告収入の約9割が携帯端末向けです。
9月末の時点での月間利用者数は20億700万人と前年の同時期から比較
して16パーセント増加しています。
近年『Facebook』離れという言葉をよく聞きますが、現在でも利用
者は増加している実態も公開されました。
同社開発の写真共有アプリ『Instagram』の一日の利用者数も5億人
を突破して、ますます反映一途を登りつめています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







マーク・ザッカーバーグCEOは決算会見の冒頭で「サービスの悪用を
防ぐ努力は利益の最大化よりも優先される」
と発言し、稼ぎ頭の広告が
米大統領選挙の結果に影響を与えたとの指摘が相次いでいる米議会への
対応を語りました。
同社は悪質な広告や投稿を防ぐための担当者として現在、1万人を雇用
していますが、来年度までに2倍に増やす方針です。
さらに摘発の制度を高めるために専用の人工知能(AI)の開発も同時に進めることも発表されました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







SNS最大手の『Facebook』の今後の進化が楽しみです。





















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。